blog

オフィス家具の見直し

2014年9月5日

オフィスのリノベーションをする時、それはオフィス家具を見直す絶好のチャンス!
見直すべきものの優先順位はそれぞれの業種よって異なると思いますが、
デスクワークの多い会社さんにおすすめしたいのがオフィスチェアの見直しです!

オフィス滞在時間内で、一番体に触れている時間が長いのが椅子ではないでしょうか。

厚生労働省の調査で腰痛で苦しむ人は全国で2800万人、
人口の約4人に一人が腰痛持ちであることが明らかになりました。

back pain

その大きな原因の一つとなっているのがデスクワークでの座りっぱなし。
決して脅すつもりではありませんが、「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」
といった研究結果も出ています(×_×)。。

そうはいっても座らないことにはお仕事にならないですよね。。

腰痛改善に効果があると謳われる高級オフィスチェアの市場価格は数十万と決して安いお買い物ではないですが、
快適に、そして健康に、仕事を続けることが出来ることを考えれば、
長い目でみた時に高くない買い物とも言えます。

だけどオフィスチェアにそんなにお金もかけたくない、けれど社員の腰痛にも頭を悩ませている。。
そんな方に、最近注目をあびている、こんなオフィス家具を紹介します。

standing desk

ご覧とおり、立ったまま作業をするスタンディングデスクです。
アメリカのベンチャー企業を中心に導入が急増していて、GoogleやFacebookでも取り入れられているそうです。

スタンディングデスクのメリットは、 ①そもそも腰への負担とされる「座ること」をなくすことによる腰痛改善
②活動する筋力を増やすことによる集中力・効率の向上
③コミュニケーションの活性化
④椅子分の省スペース、などがあげられます。

先に述べた「一日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」危険性もこれで解決です!
椅子の話題ではじまりましたが、このデスクを導入することで椅子自体がいらなくなってしましました。(笑)

「立ったまま仕事をする」。。聞き慣れない方にとっては一見斬新すぎる話題かもしれませんが、
オフィス家具専門のApplied Ergonomics社によると、
2013年に はスタンディングデスクの売り上げが50%も増加したそうです。
遠くない将来、これが標準ワーキングスタイルになるかもしれませんね。

BASICはオールドスタンダードだけでなく、最新のトレンドやワーキングスタイルなどもフレキシブルに提案していきます!

カテゴリー /

自由度の高いオフィス

2014年9月4日

世界には、とても自由度の高いオフィスが多くあります。

Google Officeやskype,facebook.pixar等は有名ですね。
発想力や思い切りの良さにはいつも勉強させられます。

1389841597worldoffice12-8

1389843836worldoffice15-1

office_design17

日本では来客のゲストへのアプローチをメインに考えることが多いですが、
海外では逆。

働く自分たちがいかに心地よく、効率よく、楽しく仕事が出来るか
という事から全てが始まっている気がします。

そんなオフィスなら、ゲストも絶対に楽しいはずですね!

googleの様な規模で全てを作りこもうと思うとかなりのコストが必要となってしまいますが、
ポイントポイントでお金をかける部分、シンプルにする部分を作っていけば、
働く人やゲストの印象も変える事が可能です。

足し算・引き算のバランスがキモ。

働く人が心地よく、ワクワクできる、遊び心溢れるオフィスのご提案もお任せ下さい!

カテゴリー /

デスクまわりの最適環境

2014年9月2日

夏のじめじめとした暑さから一変、ここ数日は肌寒いと感じる日もありますね。
気候的にもすごしやすく、勉学・お仕事がはかどる季節に突入したのではないでしょうか(^^)
そこで、お仕事がますますはかどるためのちょっとしたお話をご紹介します!

まずはこのデスクをみてください。
A messy desk with lots of paperwork
ご自身のデスク、こんな状態になっていないでしょうか?
こんな状態になってしまう人からは

「目の前によく使うものがあるから仕事がしやすい」
「物を外に出しておく事で、なにがどこにあるのか認識しやすい」
「なんとなく安心する」。。

など様々な意見をきくことができますが、果たして本当にそうでしょうか?

普段注目していないだけで、全く必要のない物でデスクの上がいっぱいになっている事はよくある事です。
実はデスクの上にたくさんの物が置いてあるという事は、頭によけいな情報を常に入れ続けている状態で、
作業効率が低下する要因になっているんです!
逆を言えば机の上の物を極力少なくすることで、よけいな情報が遮断されて作業効率がアップする!
これは科学的にも実証されているんですよ!

なので私自身、机の上にはパソコンと電話とメモ用紙のみを心がけています!
(ときどき乱れる事もありますが。。)

しかしデスク上を片付けるのにも、デスクの中の収納スペースはすでに皆無という方も少なくないはず。。
個人個人が自分のデスクを整理整頓することにも限度があります。
ここで有効になってくるのが、オフィスでの共有収納・作業スペースの存在!
共有出来る物を一つにまとめてしまおう!という考え方です。

例えばのりやテープなどの文房具は1個人に1つ、必須のアイテムでしょうか?
会社にひとつののりで事足りたら、社員20人の会社で20個ののり、単純計算でのりの19個分のスペースと経費が無駄になっているかもしれません。

とっても細かいことかもしれませんが、ちりも積もればなんとやら、小さなスペースの積み重ねが、小さくない有効空間につながります。
work_station
Possible Agency Office

こんな素敵な共有ワークステーションがあれば、省スペースと同時に、新たなコミュニケーションスペースも実現します。
作業効率もあがって、スタッフ同士のコミュニケーションが行き交う、そんなオフィスは理想ですね♩

BASICはそんなオフィス作りのお手伝いをさせて頂きますよ!

カテゴリー /
53 / 54« 先頭...102030...5051525354