blog

アーカイブ : 2014年

近い未来 2

2014年12月12日

先日火星移住構想をブログでお伝えしたばかりですが、
またまたSFのような夢のある未来のお話をひとつ。

それは海底未来都市構想「オーシャン・スパイラル」についてです!

oce_img001
oce_img005
oce_img006-1

球体の部分は「BLUE GARDEN」と名付けられ、
この内部に立つ75層の塔に住居やホテル・商業施設・オフィス等が入り、
約5000人もの人々が生活できる構想となっています。
球体の下にある螺旋状の内部に発電所や深海探査邸の補給基地を備えています。

発電は海面近くと深海の水温差を利用したもので、とってもエコロジー!
温度変化や気候の変化が少なく、地震等の影響も少ないとされるため、
陸上よりも快適で安全な都市と唱われています。

建設方法も未来的で、海面上に巨大な3Dプリンタを用意し、
そこから海底に向かって徐々に構造物を積み下げていく手法が考えられています。

実際にこれを建設する計画があるわけではないようなのですが、
2030年〜2050年には実用可能とされる技術で3兆円、5年の建設期間で実現可能とされているんだそうです!

とても夢にあふれていて現実的には思えないのですが、
地球温暖化による海面の上昇で、地上以外の居住スペースの確保が迫られているので
人類が生き残る為には、必要不可欠になってくる形態なのかもしれません。

こんな施設内のオフィスのデザインを是非してみたいですね!!

カテゴリー /

ご注意を

2014年12月11日

びっくりする記事を見つけました。

70a0351f


よく目にするこの状態。
実は首に27kgの重石を載せているのと同じことだと、脊椎専門外科医の試算が出ているようです。

今やどこでも目にする用になった、携帯電話やスマホ、タブレット等、
一日の何%触っているのでしょうか。

仕事中、休憩中、帰りの電車の中、寝る前、、
とにかくもっぱらいじっているのでは?

良い姿勢とは、“耳が(横から見て)方の真上にあり、肩甲骨を後ろに引いた状態”だそうです。
この状態だと、体にかかるストレスが減る他、ストレスに関係するホルモンであるコルチゾールの分泌量が減るとか。

逆に、姿勢が悪いと背骨の摩耗や損傷、変形が起こりやすくなり、手術が必要になることもあるらしいです。

そこで先ほどのスマホの話、

首の角度が0度だと、首にかかる重さは約4.5~5.5キロ
首の角度が15度だと、首にかかる重さは約12キロ
首の角度が30度だと、首にかかる重さは約18キロ
首の角度が45度だと、首にかかる重さは約22キロ
首の角度が60度だと、首にかかる重さは約27キロ

このような研究結果がでているそうです。

スマホを見るときは、つい首を俯けてしまいがちですが、
スマホの方を目の前に掲げれば解決できるそうなので、皆さんもこまめに自分の姿勢を意識してみて下さい!

カテゴリー /

近い未来

2014年12月9日

明日はノーベル賞の授賞式がストックホルムで取り行われます。
青色LEDの発明という人類にとって大変な功績をおさめた事から、
日本からも中村修二、赤崎勇、天野浩の3氏が表彰式に参加しますね。

人類にとって大変な功績といえば、私が今注目しているのが「火星移住計画」!
この計画は、オランダの民間非営利団体「Mars One」が2025年までに
火星に人類初の永住地を作るというものです。
2013年に移住希望者を公募し、2013年12月に約20万人の希望者の中から、
日本人10人を含む1058人の候補者が選ばれました。
最終的に24人に絞り込まれ、彼らは8年程の特別訓練を受けて火星移住に挑むそうです。
まさにSF映画の中の出来事が現実になろうとしているんです!

04_m
02_m

忘れていけないのが、この飛行が「片道」であるということ。
世界中で20万人の人が地球に二度と戻れないのを知っていながら火星に移住したいと考えているということです。
地球に二度と帰れない状況を想像すると、なんだか眠れなくなりそうです。
(応募もしてないので可能性はゼロなのですが!笑)

皆さんは行ってみたいと思いますか?

カテゴリー /