blog

アーカイブ : 2014年

【 】のための建築

2014年12月22日

金沢21世紀美術館にて、『犬のための建築』展が開催されています。

file.php



「人間は人間の尺度で環境をつくってきた」
「人間の尺度を超えて環境を仮想する」…

など、普段、考えない視点で空間構成や発想の幅がありそうで面白そうですね。

【犬】の為の建築、となっていますが、【 】には何を入れても構わない、
という原研哉さんの言葉通り、
色んな【 テーマ 】を自分の中で設けて物を見ることで、
何か違った見え方が出てくるかもしれません。

様々な分野、方向性、考え方、、

様々なコトが入り乱れる現代では、いかに視点を変えた考え方や見方が出来るかでやれる内容や幅がぐんと変わってきます。

BASICでも、常に新しい風を取り入れながら、柔軟に物事を捉えながら、
型にハマりすぎないご提案を心がけていきます!

カテゴリー /

打合せ

2014年12月20日

オフィスでする事の、大切な一つに「打合せ」という事があります。


これは2人で行う時も、大人数でおこなう会議も打合せですね。


もちろん業種にもよりますが、


この打合せスペースがあるオフィスとないオフィスでは、


仕事の進み方が大きく変わってくるのではないでしょうか。


例えば設計事務所等では、図面を広げての打合せを行うので、


デスクが大きかったり、


パソコンをよく使う業種だと、机にコンセントがあったりと、


様々な工夫がされています。



このように「打合せ」をメインとしたオフィスづくりは、


多くのクライアントからリクエストを頂きます。


BASICでは実際の打合せスペースやデスクの大きさ、素材等をシュミレーションしながら、


クオリティーの高いご提案をさせて頂きます。





カテゴリー /

オフィスの「音」環境

2014年12月19日

あなたのオフィスにとって、最適な「音」環境とはなんですか?

シーンとした静寂であったり、逆に少しざわついている方が落ち着く方もいたり、
音楽がかかっていると集中出来る方がいたり。

考えた事も無いとおっしゃる方も少なくないと思います。

目に見えないものは忘れられがちなのですが、
仕事の効率において、「音」の環境がもたらす影響は大きいと考えられます。

弊社の音環境はというと、BGMがかかっている事が多いです。

理由はミーティングもなるべく明るい気持ちで行なえるためであったり、
スタッフの多くが、作業も音楽がかかっていると集中できるからです。

この環境を作る方法は、音楽を出力する機械の選択肢はたくさんありますが、
音楽をかけるだけで達成される事が多いので比較的簡単と言えます。

問題は静かな環境を望まれている場合です。

大きなオフィスであると、何台もプリンタが稼働していたり、
多くの人の話し声などが飛び交うなど、静かな環境とはほど遠い環境といえます。

解決策としては吸音性の高い壁で機能ごとに細かく区切るなどの方法も有りますが、
せっかくの広いオフィスの開放感や、見通しの良さが失われる危険性があります。

そんな時、こんな商品を利用する選択肢もあります。

BuzziSpace<バジィ・スペース>は吸音機能とデザイン性の高いプロダクト等を提供しているブランドです。

パネルタイプや
ピクチャ 1

可動式のパーティション
p26-buzziscreen-akoestisch-paneel

スツールや
buzzispace_cube_0

壁掛け式のサイレントブースもあります。
KG_BuzziSpace_BuzziHood_4

完全に遮音する事はできませんが、

スペースの機能に応じてこれらを設置する事で余計な音を遮断する効果があります。

カラフルでポップなデザインからも、インテリアに取り入れやすいですよね!

こういったプロダクトを取り入れる事で、コスト的なメリットもありながら

機能とデザインを両立させたオフィスの音環境を整える事も出来ます!

カテゴリー /
2 / 2612345...1020...最後 »