blog

リノペディア 第二回目 建物に関する単位編

2014.10.02

建物に関係する単位ってあまり聞き慣れないが多いですよね。そんな単位を解説して見ようと思います。

まずは広さの単位で坪(つぼ)です。いろいろな諸説ありますが昔の中国で生み出された身体尺(身体のサイズを基本とする考え方)をベースとして日本で改変された単位です。
海外でも使われる1平方メートルを坪に直すと0.3025坪です。
坪から平方メートルにする計算は0.3025で割る。
平方メートルから坪にする計算は0.3025を掛ける。
コレがわかりやすいでしょう!

続いては尺や寸について。年配の方は馴染みがある単位かもしれませんね。
尺も先ほど説明した身体尺を基本とした単位です。
人間の手の親指と人差し指を広げた端から端までのサイズを尺と定めました。
th_IMG_3533
手を象形化して漢字の”尺”ができたと言われています。
現代では1尺は30.3cmが基本としてりようされています。
寸とは尺の10分の1の単位ですから3.03cmです。
未だに建築材料で3×6とか4×8とか表記があると思います。建築業界的にはサブロクとかシハチとか読んだりしていますがコレは横3尺縦6尺だったりします。ミリに直すと横909mm縦1818mmの寸法だったりするわけです。

広さの単位で皆さんが身近に感じられるのが畳ですね。賃貸で部屋を借りるときも畳を基本として間取りを決めていると思います。
畳とは床に敷く畳1枚のサイズです。但し地方によって畳のサイズが異なっている事をご存知でしょうか?
基本とされるのは東海地方や東北地方で使われた中京間です。中京間は横910mm縦1820mmです。誤差はありますが3尺6尺ですね。
その他は京間や江戸間、団地間なんていうのもあります。
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e
住宅の間取りでは良く5.3帖(じょう)なんて書いてありますが実際に畳を敷いたわけではないので、同じ【じょう】という読み方でも漢字を替えているんですね。
ちなみに1帖は1.62平米で統一するように定められています。

リノペディアニ回目はいかがでしたでしょうか。良く聴く単語だけど詳しく知らない情報をまとめて見ました。
畳と帖をしっかり見比べて不動産を見たら、物件の違う側面が見えるカモしれませんね。

リノペディア第三回目をお楽しみに。

カテゴリー / MEDIA