blog

オフィス犬

2014.12.25

先日、【犬の為の建築】展をご紹介しましたが、

今日はオフィスの犬についてです。

最近はオフィスでペットを飼うところもちらほら増えてきていますが、
これには実際に社員のストレス軽減や社員同士のコミュニケーション、
仕事効率のUPにつながっているという実験結果が認められているようです。

犬が病院や被災地などでも活躍する話は良く聞きますね。

オフィスでも行き詰まった時や疲れが溜まったタイミングなんかは
その存在だけでも癒やされリフレッシュに繋がりそうです。

日本では看板犬という意味合いで“社で犬を飼っている”というイメージが多いのに対し、
海外ではGoogleやAmazonをはじめ、“飼っている犬をつれて出勤”できるところがあるようです。

とてもうらやましいスタイルですが、
これには様々な問題をクリアにする必要があります。

自社ビルであればいいのですが、テナントオフィスとなると
管理会社との交渉、
近隣テナントとの問題、
犬を飼っていない社員への配慮、
トイレや鳴き声などシツケの問題、
スペースの確保、、
さらにペット側のストレスを溜めない工夫、、、

など。

これらをクリアして、日本でもペットを連れて出社を“推奨”しているオフィスを発見。
外資系で、ペットケア用品を展開するマースジャパンさんのオフィスです。

142_01

142_04

142_09



社員だけでなく、連れてくるペットの事も考えられたオフィスづくり。
さらには出張時のペットホテル手当に「祝い金」「見舞金」等の慶弔制度等も用意されているところがさすがです。
動物好きが集まる企業だからこその制度を整えることで、リクルーティング効果も期待できるようです。

ここまでの事をするには専有面積やコスト面での問題が大幅に絡んでくるので
なかなか難しい部分もあるかもしれませんが、
今後はこういったオフィスも増えていきそうですね!

カテゴリー / WORK